局員インタビュー

局員インタビューでは、東北大学祭事務局の執行部・企画局正責任者の計18名に取材をしました。これを機に事務局の内部や、所属する方について知っていただければ幸いです。
記事は随時追加していくので楽しみにしていてください!

第1弾~広報局長~

名前 ナカムラ
役職 広報局長
出身 新潟県

1.学祭事務局に入局した理由はなんですか?
初めから学祭事務局に入ろうと心に決めていたわけではなく,お花見会やミスド会で先輩たちと一緒にお話したりご飯食べたりするうちに,この先輩たち面白いなぁとか一緒に遊んだり騒いだりしたいなぁと思うようになっていったからです。広報局に入ったのは,小学校から高校までずっと広報委員会に入っていて,やりきったなぁと思ってたところに,広報局というものがあって,これはやるしかない!と思ったからです。

2.去年の学祭はどうでしたか?
1年生の時は他の局に比べて,自分の仕事に対して達成感が得づらかったけど,当日の雰囲気からも,来場者アンケートで東北大学祭の存在をSNSや動画で知ったと回答してくれたことからも,自分の仕事が実際に役に立ったんだと思えたことが楽しかったことのひとつです。
学祭当日は仕事が朝7時くらいから夜8時くらいまでぶっとうしで三日間,すごく汗もかくし,体力も使ったけど,そんな経験ってなかなかなかったから,学祭事務局は非常に気持ち良い感じで全力が出せる場だなぁと思いました。

3.1.他にどんなサークルやられてますか?
よさこいサークルに入ってます。年間10から20くらいの祭りに参加してて,三大祭と呼ばれる北海道のソーラン祭りや名古屋の日本ど真ん中祭りなどの50万人,100万人規模の祭りに参加することもあります。新入生オリエンテーション合宿で先輩に誘われて行ってみたら,面白いなと思ったのがきっかけです。

3.2.地元新潟の魅力はなんですか?
 まず,ご飯が凄くおいしいのと,本当に山とかの自然が綺麗で,帰るたびに癒されるところです。お米もおいしいし,なによりお酒がおいしいですね。新潟の南端から北端までの名物をまるっと集めた新潟ふるさと村にいけば,新潟の美味しいものはたいてい食べられるから,食べ物に関してはそのお店がおすすめです。

3.3.東北大学に入学して印象変わったところとかありますか?
所属している工学部の電気情報物理工学科の生徒たちって,みんなプログラミングとか触ったことあるのかなと思って,自分ついていけなかったらっていう不安もあったけど,意外とそんなことなくて,やってなかったけど興味あるっていう人や少しやってたけどこれから勉強するよっていう人が大半で,少し安心したっていうところですね。

4.今年の学祭にどのように意気込んでますか?
今年は,オンラインっていう形にはなるとは思うけど,1年生には来年の学祭を成功させる練習みたいな感じで望んで欲しいし,自分も1年生にそういう仕事をさせてあげたいと思ってます。

撮影日:2019/11/04

5.編集後記
インタビュアーとして初めて取材させていただいた方でしたが,同じ局の先輩としても,取材を受ける立場としても,非常に親切に対応してくださって,不慣れな質問にも明るく答えてくださったりとか,アドバイスをくれたりだとか,本当に頼もしい方でした。貴重なインタビューができました。ありがとうございました。

第2弾~運営局長~

名前 ケツカ
役職 運営局長
出身県 栃木県

1.学祭事務局に入局した理由
お花見新歓の時に先輩と話をしたのがきっかけです。もともと活発で忙しいサークル活動がしたいと思っていて、当時の運営局長に「仕事がしたいです」と言ったところ、「それなら運営局がいいよ」と勧められました。それで他の局は考えることもなく運営局を希望して入りました。

2.仕事内容
仕事は多岐にわたりますが共通するのは参加団体をサポートすることです。参加団体が用意することが大変な発電機やテントといった設備を業者と仲介して提供しすることや大学祭が安全に行われるようにするための見回りや食品の管理、ライトアップ用の提灯に明かりを灯すことなど幅広くこなしています。

3.1.昨年度の学祭で苦労したところ
昨年は衛生担当だったので食品管理に関する各団体への対応が大変でした。特に団体に対して担当の2人で合計600件を超えるメールを送るという仕事には大きな時間と労力がかかりました。また当日では団体用に用意していた冷蔵庫がキャパオーバーしてしまい、想定外でもあったのであちこち駆け回って対応したのを覚えています。

3.2.自粛期間はどのように過ごしていたか
コロナの影響で先行きが不透明な中、大学祭をどのように運営していくかということについて、運営局長ノートを作成して一から想定し直していました。また毎日のように他の執行部の人とオンラインで会議を開き、話し合いを進めました。この質問の答えはどの執行部の人も同じになると思います。(笑)

3.3.栃木県のおすすめポイントは?
2年に1度、秋に行われる「とちぎ秋まつり」が個人的には好きです。10台程度の山車がお囃子をしながら大通りを引きまわるお祭りで、自分自身も小学4年生からお囃子に出ていて高校3年生の時も受験勉強の息抜きとして参加しました。コロナの影響で中止となるかもしれないですが周期的には今年は開催される年なので楽しみです。

4.本番までの意気込み
運営局長として参加団体に満足してもらえるようなサポートができればいいなと思っています!

撮影日:2019/11/04

5.編集後記
毛塚さんの話す口調やその内容から運営局長としての責任感の強さや大学祭に対する思いの大きさが伝わってきました。またどの質問に対しても丁寧に、時にはユーモアも交えながら答えてくださったので、自分としても楽しくインタビューすることができました。ありがとうございました!

第3弾~装飾局長~

名前 ムラオカ
役職 装飾局長
出身県 埼玉県

1.学祭事務局に入局した理由はなんですか?
入局を決めた一番の理由は先輩の話を新歓などで直接聞いて,雰囲気がすごく楽しそうだなと感じたからです。絵を書いたり,デザインしたりとかはしたことなかったんですけど,ものづくりは結構好きなので,装飾局が一番合っていると思って入局しました。

2.装飾局の仕事や作業の雰囲気はどうですか?
作業時期は基本毎日忙しいけど,あれやってこれやってとか厳しい指示がバンバン飛び交うという感じではなく,緩い感じで楽しく進めていくから,全然苦ではなく楽しみながらできるという印象ですね。負担もあまり感じずに,9月10月の多忙な時期でも,あまり休むことなく行ってました。装飾局は仲間と一緒にいる時間が長いから,局員の仲は良くなりやすいと思います。

3.1.母校(高校)の好きなところはありますか?
自由な校風で,勉強するときは勉強するし,行事やイベントに楽しむときは全力で楽しむところですね。ウォーターボーイズのモデルになった高校で,文化祭はニュースに取り上げられることもあるほど有名で,人も結構来てくれるのでそこのところは誇りに思っているところですね。

3.2.自粛期間は新しい趣味できたりしましたか?
はっきりした趣味があまりなくて,自粛期間で探してたんですけど,見つかりませんでしたね。でもゲームはやってて,あつ森にハマってました。島クリエイターまで開放しましたけど,家のローンを返すのが滞っちゃってますね。最初はめちゃめちゃ欲しくて発売日に買ったんですけど,最近は飽きちゃってます。夏のアップデートがあるんで,そしたらまた始めようかなと思ってます。

3.3.お気に入りの映画はありますか?
ハリーポッターがめちゃめちゃ好きですね。子供っぽい理由になるけど,魔法っていいなっていうのが一番の理由ですね。雰囲気とか世界観とかが好きです。USJのハリポタエリアはファンとしてはめっちゃテンション上がりました。

4.今年の学祭にどのように意気込んでますか?
学祭の運営には,装飾局長としても執行部の一人としても,今一番情熱を注いでいます。装飾局は会場の飾り付けを作ったり書いたりして,学祭の雰囲気を作ったり,会場を鮮やかにして盛り上げる立場なので,装飾局の作ったものを見て,少しでもこれ凄いとか感動を与えて楽しんでもらえたらいいなと思います。

撮影日:2019/11/02

5.編集後記
村岡さんは装飾局長だけでなく,以前に高校のテニス部の部長もされてたということなので,信頼性や主導力などリーダーシップのポテンシャルはもとからある素晴らしい局長だなと思いました。今年の学祭での活躍も期待できます!

第4弾~学術局長~

名前 カサイ
役職 学術局長
出身県 東京都

1.学祭事務局に入局した理由はなんですか?
高校で軽音楽をやってる時に,自分が前に出て演奏するのも楽しいけど,裏で公演づくりをするっていうのも楽しいかもとも思っていて,大学に入ってからそうゆうことしたいなと思ってたからです。学術局にしたのは,企画の裏方をやりたかったのと,新歓で先輩とお話をして,こんな先輩と一緒に活動したいなと思ったのが一番の理由です。

2.去年の学祭はどうでしたか?
ペットボトルロケットの打ち上げ体験会の担当をしていて,責任者の立場でやらせてもらってました。他にも,他の部署の企画とか,学祭の案内所とかいろいろな場所で仕事をしました。そこではたくさんの貴重な経験ができたのと同時に,ただただ楽しかったという印象が強く残ってます。一番頑張ったことは,先輩が忙しくあまり関わりがない状態で,責任者として企画がうまくいくように考えたことです。

3.1.東京に生まれてよかったなと思うところや お気に入りのお店はありますか?
東京はすごく好きで,電車でどこでもいけるとか,割と近くでなんでも揃うところが便利だなと思います。好きなお店は,下北沢にあるバラオムライスのお店や,ぐりとぐらの絵本にでてくるパンケーキを出してくれるお店です。バラオムライスは玉子の形がバラになっててすごいかわいいなと思いました。

3.2.母校(高校)の好きなところはありますか?
女子校だったので,全部女子だけでイベントしたり,体育祭も文化祭も結構本気でぶつかり合うようなところが好きです。個性を認め合う風潮が強く,好きなものを好きって言えるところもよかったなと思います。

3.3.好きなYoutuberはいますか?
「パオパオチャンネル」がずっと好きで見てます。中でもぶんちゃんが好きで,言葉の言い回しが独特なところや,踊り手としてもYoutuberとしても映画製作会社の社長としてもいろんな面で活躍してるところが尊敬できます。「第二回・相方プレゼン大会」っていう動画がおすすめです。

4.今年の学祭にどのように意気込んでますか?
この状況だからこそ,東北大生もお客さんも楽しませられるように,私自身が一番に楽しみたいです。東北大学祭事務局みんなでがんばります。

撮影日:2019/11/02

5.編集後記
笠井さんの地元東京の話を聞いて,地方出身の私としては,うらやましいところがたくさんありました。また,個人的には好きなYouTuberが同じだったところで,とても共感できる部分が多かったインタビューでもあるなという印象でした。お気に入りのお店やおすすめの動画,みなさんも是非覗いてみてください。

第5弾~企画局長~

名前 マスダ
役職 企画局長
出身県 宮城県

1.学祭事務局に入局した理由
高2のときに友人と東北大学祭に来てとても感動したので、そのときから東北大学に入学できたなら絶対に学祭事務局に入りたいと思っていました。いろんな局がある中で企画局を選んだのは一から企画を考えて作り上げるといった、クリエイティブなことができる点に魅力を感じたからです。

2.仕事内容
企画局は6つの部署に分かれており、当日のステージやその他の会場で行われるイベントの企画、運営などを行っています。基本的にはそれぞれの部署は独立して活動していますが、本番が近づいてきてリハーサルを行うときには他の部署人がゲスト役として協力したりもしています。

3.1.昨年の学祭について
昨年の学祭ではステージ企画に関わりました。事前の準備では台本やインタビュー原稿の作成を行い当日は司会を務めました。当日の司会では時間が予定よりも押してしまい、立て直していくのは大変でしたが今思えばとてもやりがいのある仕事だったと思っています。

3.2.自粛期間の過ごし方
例年とは違った対応をしなければならないということで執行部の人とオンラインでの話し合いをたくさん重ねました。会議中は真面目な話をしていますが、会議後には普通に楽しくおしゃべりしたりもしているので学祭の仲間のおかげで楽しくこの期間を過ごすことができています。

3.3.東北大学の魅力
まずはキャンパスの周辺に緑が多くて落ち着いた雰囲気なのが良いところかなと思います。あとは東北大の学生は楽しむときは楽しむし、真面目に話をするときは真面目になれるような切り替えのうまい人が多いので居心地が良いと感じるところも気に入っているポイントです。

4.本番までの意気込み
例年とは違った形になるからこそ仲間たちとできる限りのことをやり尽くしたいし、みんなで目指す目標を成し遂げたいと思っています。また執行部として事務局員全員が楽しんで活動していけるようなサポートをしたいです。

撮影日:2019/11/02

5.編集後記
とても明るく、かつ真剣に答えてくださる姿から増田さんの人柄の良さを感じ取ることができました。オンラインでの開催ということで計画の練り直しなど大変な面は多いと思いますが、昨年とはまた違った形での企画が開催されるのが楽しみです。お忙しい中ありがとうございました!

第6弾~広場正責~

名前 ヤスダ
役職 企画局 広場正責
出身県 宮城県

1.学祭事務局に入局した理由はなんですか?
大学行って新しいこと始めたいなという思いが一番強くて,学祭の実行委員とかの経験もなかったので,やってみたいなと思って入りました。企画局に入ったのは,一番人数が多かったからというのが大きい理由です。

2.去年の学祭はどうでしたか?
司会の仕事をしたんですけど,経験がなかったので,さぐりさぐり練習を重ねることを一番頑張りました。もともと人前に立つのが得意ではない性格なので,学祭の司会をして,人前に立って何かをする楽しさを感じれたし,それを知ることができたっていうのは,この学祭を経験したからこそだと思ってます。 

3.1.高校で部活なにやられてましたか?
水泳部でした。3歳から水泳を続けてて,高校時代は結構忙しかったです。ウォーターボーイズで有名な高校だったので,夏は朝の9時から夜の7時ぐらいまでプールにいて,そこからクラブチームで練習するという生活をしてました。

3.2.他にどんなサークルやられてますか?
スキューバダイビングサークルっていうのに入ってます。一応,ずっと泳いできたので,なにか活かせればと思って入りました。活動自体にはそんなにまだ参加できていないんですけど,やっぱり楽しいです。海はすごく壮大で綺麗だし,今まで味わえなかった世界観が素敵だなと思います。行く人は沖縄に行ったり,パラオに行ったり,活動は盛んなサークルです。

3.3.仙台の魅力はなんですか?
ここっていうのはなくて、程よく全てがちょうど良く揃ってる感じが、すごく落ち着いていていいかなと思います。観光地だと松島とかいいんじゃないでしょうか。

4.今年の学祭にどのように意気込んでますか?
自分はすごく楽しいことが大好きだし,すごくポジティブに明るく生きてきた人間なので,なにより人を楽しませることをやっていきたいなと思ってます。

撮影日:2019/11/04

5.編集後記
高校時代は一日中水泳に打ち込み、東北大会の出場経験があるなど、自分には到底成し得ない、信じられないようなスケジュールで努力してらっしゃって、とても尊敬できる方でした。広場ステージでは輝く保田さんを見ることができるでしょう!

第7弾~野1正責~

名前 イワサワ
役職 企画局 野1正責
出身県 秋田県

1.学祭事務局に入局した理由
大学に入学した当初はどんなサークルに入るかは全然決めていませんでしたが、大学生の時にしかできないような活動がしたいと思っていました。そんなときに学祭事務局のビラを見て、他のスポーツ系のサークルと違って学祭事務局はまさに在学中にしかできないことだと思って選びました。

2.仕事内容
野1の仕事はミスコンの企画運営です。当日の司会進行や裏方、ミスコンで行う企画の決定、候補者のマネージャー業などを1年生、当日のドレスフィッティングやメイク、ヘアセットを行ってもらう業者や美容学生との連絡、公式Twitter・Instagramの運営などを2年生が担当してやっています。

3.1.将来やりたいこと
職業というところでいうと具体的なイメージはあまりありませんが、工学部に所属していることもあって、何らかのものを開発したり製造したりする職業に就きたいなあと考えています。あとはどこか海外に行って生活してみたいです。

3.2.おすすめの学食
よく行っていたのは川内キャンパスのBee ARENA Caféです。そこの名物メニューにメガ定食というかなりのボリュームのある定食があって、そのメニューのイカ天定食が好きです。

3.3.東北大学の魅力
工学部に関していえば3Dプリンターやレーザーカッターなどの器具を利用できるというように、大学内にある様々な設備を使えるところがいいなあと思います。1年生の内からそのような器具を活用していろんなことにチャレンジできる環境があることが東北大学の魅力です。

4.本番までの意気込み
ミスコンへの参加を通じて人生ががらっと変わったというような人もいるのでできる限りのサポートを行っていきたいと思っています。また学祭を一番楽しんでいるのは自分たち運営側だと思うので今年も自分自身が楽しむということを目標にいろんな企画を成功させたいです。

5.編集後記
インタビューという形ではありましたが岩澤さんの気さくな感じが伝わってきて話していて楽しかったです。対面授業が始まったらぜひメガ定食を食べてみようと思います。今年は企画の内容や形態が例年とは変わってきますが、きっと楽しい企画を作り出してくれると思います。今回はありがとうございました。

第8弾~野2正責~

名前 オオキ
役職 企画局 野2正責
出身県 千葉県

1.学祭事務局に入局した理由はなんですか?
チラシとかをもらって新歓を見にいって,話を聞いてみると楽しそうだなって思ったのが一番かなって感じです。

2.去年の学祭はどうでしたか?
野外ステージで自分達でオリジナルの企画を1からつくってバラエティー企画みたいなのをやる部署だったんですけど,やっぱり楽しかったのがあって、仕事も多かったんだけど割と充実した3日間だったなって思います。案内所とかに行って仕事するっていうのもあって,学祭で初めて他の局の人たちと話す機会が増え,そこで一気に友達が増えたのは良かったのと、自分達の企画をステージでやってる中でお客さんが集まってくれて、自分達の企画で笑ってくれてる人がたくさんいて嬉しかったです。

3.1.自粛期間はどのように過ごしていましたか?
ひたすら家でサブスク系で映画やアニメを観たりしてました。ユニバーシティ・ハウス三条に住んでるから,ユニバの人とゲームしたりして過ごしていました。本当に何もやることがなかったですね。鬼滅の刃はイッキ観しました。流石に観とこって思って。ミーハーなので。笑

3.2.高校での一番の思い出は何ですか?
うちの学校は地元の方だとそこそこ文化祭とかが有名だったので文化祭が1番楽しかったです。出し物はみんなでアトラクションを作ってやるみたいなパターンが多かったのです。一年生の時はメリーゴーランド作りました。回す滑車みたいなのを買って、それに糸をくっつけて椅子をつけて人力で回す感じのやつです。

3.3. ストレス発散方法は何ですか?
体動かすのが好きだから、ストレスたまったらランニングとかで5キロくらいパーっと走ったりして、汗かいてストレス発散します。 

4.今年の学祭にどのように意気込んでますか?
オンラインとかになっても来年はちゃんと現地に行って参加したいなと,みんなに思ってもらえるような感じの学祭にできたらなって思ってます。 

5.編集後記
ユニバーシティ・ハウスでの楽しいお話がたくさん聞けました。落ち着いた話し方で,話すことが無いと言いながらも,いい記事が書けるようにと必死にひねり出そうとしてくれているのが好印象でした。

第9弾~GF正責~

名前 オバ
役職 企画局 GF正責
出身県 山形県

1.学祭事務局に入局したきっかけはなんですか?
きっかけは,新歓を回ってる時にたまたま教室で説明会やってるよっていうのが来て,軽く説明会聞いてみよっかなって思って,聞いたら割と良さげじゃんみたいになったんで,入ろっかなって思いました。雰囲気も良かったし,楽しそうだったし,あと具体的に企画局とかの説明をメインで聞いたんだけど,企画局がちょっと楽しそうだなって,やってみたいなって思ってました。

2.去年の学祭はどうでしたか?
充分楽しめたし,みんな優しかったので仲良くしていただけてほんとにいい団体だなって思いました。僕はグランドフィナーレの司会をやらせていただいて,人前に立つことがあんまり今までなかったので,ちょっと緊張したんですが,もう一人の司会の人ももちろん,裏方の人だったり,先輩方に支えられてできたので良かったなと思います。

3.1.仙台で美味しいお店ありますか?
ラーメンをメインに食べるんで,ラーメンになっちゃうんですけど,1番美味しい醤油とんこつラーメンは,仙台駅の東口に“横横家”って言う家系のラーメン屋があって,そこは1度行ってみてはいかがでしょうか?っていう宣伝ですね。笑

3.2.自粛期間終わってからしたいことはありますか?
やっぱりほんとにこれはちょっと本心で,学祭事務局の1年生と,2年生もそうだけどまだ顔合わせてない人達と,局とかは関係なく対面で会ってみたいなって思ってます。Zoomじゃなくて対面で会っちゃうと身長ちっちゃいのとかバレるのはありますけど。笑 

3.3.好きな音楽やアーティストはいますか?
僕去年からゴリ押ししてたんですけどX JAPANが大好きでずっとカラオケ行ったら“紅”は必ず歌うようにしてます。最近の音楽はちょっとわかんないんで履修していきたいなって思います。本気でJ-POP 歌えるようになりたいなとか,今時のアーティストを歌えるようになりたいなとか思ってます。

4.学祭にどのように意気込んでますか?
大学祭がみんなにとって最高のコンテンツに仕上がるよう全力で頑張ります!
学祭に来てくれた人は一緒に楽しんで紅(くれない)?

5.編集後記
山崎育三郎似の気さくな小場さんでした。インタビューの際の時折見せるかわいらしいジェスチャーを文字で表せないのが残念です。言い回しが面白くて話してる時は笑ってばかりでした。今度一緒に紅に染まるまでカラオケに行きたいです。笑

第10弾~OP正責~

名前 フセ
役職 企画局 OP正責
出身県 東京都

1.学祭事務局に入局した理由
一番の決め手は新歓で話した先輩が優しかったことです。もともと学祭事務局には入りたいと考えていた中でその先輩が企画局だったので企画局を希望しました。

2.仕事内容
OPには2年生7人、1年生8人が在籍しており、学祭当日の朝に行われるオープニング企画を一から考え当日の進行をしています。正責としての仕事は活動の計画を立てたり、執行部からの連絡を局員に伝えることが主となっています。

3.1.昨年の活動で力を入れたところ
昨年はほとんど裏方の仕事をやっていました。特に力を入れてやっていたのはオープニング企画でMCが話す部分の台本を作成することです。

3.2.今はまっていること
最近はポーカーとビリヤードにはまっています。友人に誘われたのがきっかけで、そこから自分でもYouTubeなどで検索してプレイ動画などを見るようになりました。

3.3.高校時代の部活動
大学では続けていませんが高校時代は器械体操部に所属していました。それまで経験はありませんでしたが高校から新しいスポーツを始めたいなあと思っていた中で、みんながあまりやったことがないだろうという理由で器械体操を選びました。

3.4東北大学の良いところ
キャンパスが割と仙台駅に近いという点で立地が良いところと学生が地方から集まってきているので住んでいる家が同じようなところに固まっていて遊びやすいところです。

4.本番までの意気込み
盛り上げられるように頑張ります!

5.編集後記
大人っぽい落ち着いた雰囲気で受け答えされていたのが印象的です。また高校から新たなスポーツを始めていたり、ポーカーやビリヤードといった趣味、ダーツやスカッシュサークルにも兼サーされているなど色々なものに興味を広げていると聞いて自分もこの大学生活の中で様々なことに挑戦したいと思いました。インタビューにご協力ありがとうございました!

第11弾~イベクラ正責~

名前 ヤハバ
役職 イベクラ正責
出身 東京都

1.企画局イベクラを選んだ理由
企画局に入ったのは先輩に誘われたのがきっかけです。また企画局のいくつかある部署の中でイベクラを選んだのはもともとステージ上で行う企画に携わるというよりは高校の文化祭の延長みたいなことがやりたいと考えていて、イベクラは模擬店をひらいたり教室を使った催し物を企画したりできると聞いたので一番自分に合っているなあと思いイベクラに入ることにしました。

2.仕事内容
イベクラの仕事はさっきも言ったように高校の文化祭の延長のような催し物をいくつか企画するというものです。いくつか昨年の例を挙げて紹介すると、学祭事務局としての模擬店の出店や子供用の工作コーナー・スタンプラリーの運営、さらには当日他の団体に行ってもらうフラッシュモブについての段取り付けなどを行いました。

3.1.昨年の学祭について
去年の学祭の準備に関してはあまり2年生が仕事をしてくれていなかったこともあって(笑)、1年生で今年と同じような仕事内容もプラスでやっていたのでかなり忙しくて大変でした。その中でも工作用のキット作成の作業は仕事量が多く苦労したことを覚えています。

3.2.自粛中の過ごし方
外に出ることが減ったことで自発的に運動しない限り動く機会がなくなってしまい、筋力が落ちているなあと感じるようになってから筋トレをするようになりました。筋トレといっても腹筋とか家で出来る範囲のものではありますが、今も継続してやっています。

3.3.将来の夢
工学部の電気情報物理工学科に所属していることもあってIT関係の企業に就職したいなあと思っています。あとは漠然としていますがリーダーシップのとれる人でありたいです。

3.4.東北大学の良いところ
大学自体の良いところでいえば、キャンパスの敷地が広いのと仙台駅に近くて動きやすいことですね。また工学部はかなりの人数が在籍している学部なので授業等で一緒になる人も多くて友達ができやすいかなと思います。

4.本番までの意気込み
例年以上に作業量が増えてしまうとは思うのですが、少ない人数ながらも協力して頑張っていきたいです!

5.編集後記
ラフな感じでインタビューに答えてくれたので自分としてもやりやすかったです。様々な企画を運営しているイベクラの正責ということで仕事の幅もかなり広く仕事量も多いと思うのですが、難なくこなしていそうな雰囲気も感じました。今年は去年とは勝手が違ってくるとは思いますが楽しい企画を期待しています。お忙しい中ありがとうございました!

第12弾~新歓隊長~

名前 イバ
役職 新歓隊長
出身 北海道

1.学祭事務局に入局した理由
とりあえず友達を作りたかったのが大きいかなあと思います。あとは早めにできていた友達が学祭に入るような話をしていたこともあって興味本位で入ったという感じです。

2.仕事内容
新歓隊長の仕事としては主にはzoom新歓の管理、snsの新歓アカウントの運営などをしていました。また今年に関してはコロナの影響で例年とは違う動きがでてきて局員同士の交流の機会もなかなかなかったので、1年生の局員同士が仲良くなれるような企画の立案を現在しているところです。

3.1.自粛期間中の過ごし方
もともと映画が好きなこともあって好きな俳優をピックアップしてその人の映画を観ていました。僕はディカプリオが好きなのでディカプリオが出演している映画を重点的に観ています。また人と会う機会は減りましたが、そんな中でも親しい友人とは電話したりして交流していました。勉強の面ではまだ本格的にやっているわけではありませんがTOEICについて資料を集め始めました。

3.2.おすすめの学食
やっぱりカレーを食べる人が多いんじゃないかなと思います。個人的にはBee ARENA Caféの夜限定のメニューがどれも好きでよく食べてました。あとは川内南キャンパスの文系食堂にある、揚げ物などのおかずの量り売りですね。定食とかで頼むといらない野菜とかがついてきてしまうので、茶色いものでプレートを埋めたい自分としては気に入っています。

3.3.北海道の良いところ
自分はそんなに好んで魚介類を食べるわけではないので、チョコをおすすめします。北海道はルタオ、六花亭、ロイズなどのスイーツ系のお店がたくさんあって結構人気もあるかと思います。あとはやっぱりラーメンがおいしいです。高校時代は学校の近くのラーメン屋に通ったり、札幌中を駆け巡ってラーメンを食べていました。

4.本番までの意気込み
今まで例のないオンライン開催となってしまいましたが、いい思い出になるように自分らが楽しみながらステキな東北大学祭を作っていきたいと思います!

5.編集後記
高校の先輩ということもあって当時の話で盛り上がったりもしながら楽しくインタビューさせていただきました。また取れ高的なところにも気を遣いながら答えてくださって優しい方でした。新たな企画も考えているということで自分としてもとても楽しみです。お忙しい中ありがとうございました!

第13弾~渉外部長~

名前 タニワキ
役職 渉外部長
出身 千葉県

1.学祭事務局に入局した理由
高校性のころから学校祭のような大規模イベントの運営をすることに興味があったからです。自分は部署としては運営局に所属しているのですが、学祭事務局にいくつかある部署のなかでも運営局を選んだのは最も学祭を運営している!という実感がありそうなのが運営局だと思ったからです。

2.仕事内容
渉外部長の主な仕事は渉外の取りまとめをすることです。渉外とは企業にこちら側から電話をかけて広告や協賛をいただくというものであり、今年に関しては動きが少し異なってきますが例年であれば6月から7月にかけて行っています。

3.1.昨年の学祭について
昨年の学祭では運営局の衛生担当に所属していました。衛生担当は学祭で出される食品類全般の管理・取りまとめを行うことをメインの仕事とする担当だったので、各参加団体が保健所との規約を守っているかであったり食中毒が起こる危険性がないかという確認をすることに注力していました。

3.2.出身地のおすすめポイント
千葉県の良いところはやはり東京に近くて出ていきやすいということだと思います。やっぱり大都市である東京で過ごすのが一番楽しいかなあと思っています。あとは定番ですがディズニーリゾートがあるのは千葉県の良いところですね。

3.3.東北大学の良いところ
一番はキャンパスがきれいなところですね。青葉山キャンパスなんかは作られてからまだ日も浅くてまだまだきれいだと思います。勉学や研究の面でいうと世的にも著名な教授が多く、レベルの高い講義や研究を提供してくれる部分はやはり優れているかなと思っています。

4.本番までの意気込み
参加団体、事務局員の両方が楽しめる大学祭にしたいですし、また渉外部長としては企業の方にも満足してもらえるように頑張りたいと思います。

5.編集後記
とても真面目な方だなあというのが印象に残っています。渉外部長という役割は企業側との関係もあることから責任もその分大きいとは思うのですが、その役割をしっかり担っている谷脇さんはすごいなあと思います。今年は協賛等の面でも例年とは異なる動きが出てくるとは思うのですが、しっかり責務を果たしてくれると思っています。お忙しい中ありがとうございました。

第14弾~全体総指揮~

名前 イワキ
役職 全体総指揮
出身 東京都

1.学祭事務局に入局した理由はなんですか?
僕は高校の頃からずっと文化祭とかに限らずそういうイベントがすごく好きで,大学に入ってからも,その気持ちは変わらず持ち続けていたので,そういうイベントができるようなサークルに入りたいと思って学祭事務局に入りました。

2.去年の学祭はどうでしたか?
去年僕は物品担当で,学祭で使うテントなどの物品をいろいろな青葉山とか星稜とか川内とかのキャンパスから車で借りてきて,それを団体の方にお貸しするっていうことをやっていたんですけど,まず一つは準備と返却の段階で大きいキャラバンっていう1トン入る車を運転する時がすごく楽しかったなっていうのが,僕個人としての印象です。学祭全体としては,僕は結構いろんな自局の担当以外の案内所のローテに入ったりとかイベントクラフトのローテに入ったりとか,いろんなところに関われて,いろんな活動を見られたのが本当によかったなって思ってます。

3.1.母校(高校)の好きなところは?
僕の出身の高校は,私服の高校で自由放任の学校でした。言ってしまえば,法を破らずに人に迷惑をかけなければ何をしてもいいよっていう,そういう風に言葉では言ってないですけど,自主的な学校だったのでやりたいことをやらせてもらう学校でした。それで3年生の文化祭ではクラスっていう単位がなくなるので,有志団体で映画を出したんですけど,それが3年間の集大成のような形で発表ができて,来場者の方とか先生方とか在校生の人とかからすごくすごく好評をもらえました。母校のそういう自由さが後押ししてくれて,好きなことをやって良いっていうところが母校の好きなところです。

3.2.東北大学を志望した理由は?
昔から電気系に行きたくて,電気通信系で言うと東北大学が光ファイバーの発祥の地だったりして,電気系がすごく強いからですね。あとは小3くらいの頃から楽天が好きで,東京出身で全く縁のゆかりもなかった東北にも関わらず,小3の時に初めて仙台に来た時に仙台の街に一目惚れしたんですよ。いつかここに住んでみたいっていうのがずっと思ってて,僕が高2の時にたまたま東北大学のオープンキャンパスの日程と楽天のホームゲームの日程が被ったんですよ。その時にそろそろ高2だし、進路も考えなきゃいけないし,楽天の試合も観に行きたいしって思ってオープンキャンパス行ったら,ここ良いじゃんって思ってここに来ました。もちろん東北大学の魅力もありますけど、大元を辿れば楽天ファンだからって感じですね。

3.3.野球のどういうところが好きですか?
外野席でめちゃめちゃ応援歌を歌うのが好きです。今は声を出して応援できないので観戦していませんが,最近暇なので散歩がてら球場行ってます。

4.今年の学祭にどのように意気込んでますか?
今の全体総指揮っていう当日をまとめる役割からはもうとらわれずに,オンラインになったら自分ができることを見つけてやっていくしかないなっていう風に思ってます。僕とかは正直,執行部や正責のうちでたぶん1番本来の仕事ができない担当になって,結構できる仕事が限られている感じになっているので,できることを見つけてやっていきたいと思ってます。

5.編集後記
楽天が大好きな全体総指揮さんでした。話を聞いていて,今までの人生経験が私と比べ物にならないくらい濃密で人生何回目なんだろうと思いました。何をするにしてもしっかりと自分の中に芯がある方で,見習いたいと思いました。

第15弾~総務部長~

名前 ツジ
役職 総務部長
出身 東京都

1.学祭事務局に入局した理由はなんですか?
もともと裏方として大きなイベントを運営したり,支えたりするのに憧れていて,大学祭という大きなイベントを支えるというのが,自分のやりたいことに合ってるなと思ったので入りました。高校でも文化祭の運営はやってみたかったのですが,部活が忙しくてできなかったので,大学ではその分やってみようと思いました。

2.去年の学祭はどうでしたか?
運営局の電気担当として,提灯のような夜に使う電気関連の準備をしましたが,半年間かけて自分たちが準備したものがそうやって形になって,提灯をつけたときに多くのお客さんが綺麗だねと言っているのを耳にして,すごくやりがいを感じました。
当日は結構いろんなことをやらないといけないので,事前にどう動けばスムーズに動けるかを考えて当日に臨みましたが,それが考えた通りうまくいった時に頑張ってよかったなと思いました。

3.1.尊敬する人物はいますか?
身近な人だったら祖父です。祖父は尊敬してます。小さい頃にこれどいうことだろう?とかなんでなんだろう?と気になって祖父に聞いてみると,「わからない」というセリフを聞いたことがないくらい,物知りな祖父でした。祖父のそんな,いろんなことを吸収して自分のものにしてるところに憧れます。そのような好奇心は僕も血を受け継いでるかもしれないです。笑

3.2.その好奇心はどういうところに向けてますか?また,その魅力は何ですか?
飛行機が好きで,飛行機の分野が面白いなと思うようになってから,本とか雑誌をたくさん読んだりしています。飛行機に関する知識量はそこそこあると思うのでそういうところに好奇心が向いていると思っています。飛行機はまず,技術の結晶のような感じがするし,今までの歴史とか,各地で研究開発されてきた技術が盛り込まれているところが魅力のひとつです。さらに飛行機は,世界を結んでいて,世界情勢とか国際関係とかも結構反映されているので,詳しく知るとそのような一面も見られるので面白いです。

3.3.趣味はなんですか?
趣味っていうほど極めてはないですが,写真を撮るのが最近好きで,桜が咲いていた季節には散歩して撮ったりしてました。写真は設定を変えるだけで印象も変わるのですが、自分のイメージしたとおりの色合いを出せたときには楽しいなと思います。

4.総務部長として,今年の学祭にどのように意気込んでますか?
もともとどの部署の範囲でもないような仕事を拾ってやってくっていう,地味だけど大事な仕事をするのが総務部なので,どういう形で大学祭やるとなっても,そのように裏から大学祭の運営を支えていけたらいいなと思います。 

5.編集後記
終始,笑顔が素敵な総務部長さんでした。私が質問する側なのに会話を盛り上げるために質問し返してくれて、ほぼ初対面なのに私の悩みも嫌な顔一つせず聞いてくれました。こういう人が上司なら良いなと感じました。

第16弾~会計~

名前 シブヤ
役職 会計
出身 千葉県

1.学祭事務局に入局した理由
高校生の時に文化祭の実行委員をやっている人を見ていてとても楽しそうだなあと思っていたということが一つと、大学生になったら何らかの事務的な仕事に関わりたいなあと思っていた中で大学祭事務局の運営局の仕事内容がそれに当てはまっていたので運営局への入局を決めました。

2.仕事内容
会計の三大業務として予算、決算、保険の三つがあります。今年の学祭でどのようにお金を使っていくのかの計画を学校側に報告するのが予算、実際にどのようにお金を使ったのかを月単位で学校側に報告するのが決算、事務局員や当日の来場者が安全に学祭を楽しめるように保険に入って対応しておくのが保険であり、この三つが会計の主な仕事となっています。

3.1.昨年の学祭で苦労した点
自分は昨年、物品担当というテントであったりパイプ椅子であったりといった物品を手配する担当に就いていたのですが、それらの移動などを行う際にどうしても力仕事が出てきてしまうので肉体的にかなり大変だったのを覚えています。

3.2.自粛中の過ごし方
この期間はどうしても生活リズムを崩してしまいがちだと自分でも自覚しているので、朝には運動不足の解消も兼ねてランニングをしたり夜はできるだけ日が変わるまでには寝るように意識しています。また最近では1年生のときに学習した内容で少し物足りないなあと感じるところを自分なりに復習したりもしています。

3.3.東北大学の魅力
最先端の研究が行われており技術の面において日本でもトップレベルの地位にあるところが挙げられると思います。オンライン授業に対する対応という面においても、他の大学よりも早く環境を整えることに成功していたので優れていると感じました。

4.本番までの意気込み
昨年の学祭で出てきた反省を生かしたいなと思っています。反省を改善しないままずるずるといってしまうのは一番やりたくないことです。昨年の学祭も素晴らしいものではありましたが、昨年の課題はしっかり改善してより良い学祭を作り上げたいと思います。

5.編集後記
大学祭という大規模なイベントのお金を管理するという立場はかなり大きな負担を強いられるかと思いますが、それをこなしていけるキャパシティーの大きさを感じました。冷静に物事を分析して行動されているなあという印象を受けたので、きっと今年の学祭もしっかり支えてくれるはずです。お忙しい中ありがとうございました。

第17弾~副委員長~

名前 ハシモト
役職 副委員長
出身 群馬県

1.学祭事務局に入局したきっかけはなんですか?
学祭事務局に入ったきっかけは,高校の時の私の一番仲が良かった友達が,生徒会で文化祭の運営に携わっている様子を見て,楽しそうだなと思ったのがきっかけです。私も大学に入ったら大きな行事の運営に携わりたいと思い学祭に入りました。それから大学全体の新歓行事の1つであるスプリングフェスティバルという学祭の先輩と直接お話しができるイベントで,たまたま運営局の同学部の先輩とお話しする機会があり,それが学祭に入ったきっかけのひとつでもあります。

2.去年の学祭はどうでしたか?
準備をしている段階では当日どうなるのかが分からなかったけれど,当日実際動いてみて,活動しながら雰囲気や動き方を掴んでいく感じで,とても充実した3日間でした。最終日の夜は達成感が大きくてたくさん泣きましたし,いろいろ大変なことがあったけど,学祭に入って,事務局員として活動できて良かったなと実感しました。
私は運営局の電気担当に所属していますが,当日は提灯を取り付ける作業があります。ですが予定よりもかなり時間がかかり,5,6時間ずっと提灯を取り付ける作業をしていました。他のローテの仕事にも行かなければならなかったのですが,そのローテの担当の人に連絡して提灯の作業を優先させていただきました。本当に大変な作業でしたが,とても充実してた時間だったなと思います。

3.1.何か部活やられてますか?
医学部バドミントン部に入ってます。学祭の仕事があって練習に参加できないことも多いのですが,それでも先輩方がとても優しくて,ご飯行ったりとかイベントに参加させていただけて,学祭でも充実してますし医バドの方でも充実してます。

3.2.仙台のおすすめの美味しいお店とかありますか?
仙台のおすすめは”タラットリア銀”というお店です。イタリアンのお店なのですが、アットホームな雰囲気で居心地の良いお店です。食材一つ一つもとてもいいものを使っていて,系列店にも行ったことがあるのですが本当に美味しかったので機会があったらぜひ行ってみてください!

3.3.バイトはやられてますか?
バイトは塾講師と飲食をやっています。塾講師はすごく楽しいです。自分が受験勉強とかで培ってきた知識を還元することができて,「あっ!そいうことなんですね」と言われるのが嬉しいです。逆に飲食は体力を使うお仕事で,意外と頭も使って大変な部分もありますが,自分が作っているわけではないけれど,お客様に「美味しかった」と言っていただけた時は私も本当に嬉しいです。

4.今年の学祭にどのように意気込んでますか?
新型コロナウイルスの影響で例年とは異なる点が出てきて,事務局内でも不安に思ってる人が多いと思います。事務局内の不安を取り除くことはできないかもしれないけど,副委員長としては,まずは執行部会議の議事録をきちんとした形で出して,執行部がどういうことを話し合ってたのかを,事務局員に伝え,このような状況の中でも今の執行部12人で話し合ってきたことを,これからの代のためにしっかりと記録していきたいです。女子会なども開いて,実際対面で会えないけど少しでもみんなが交流できるような,不安がちょっとでもなくなって,学祭に入って良かったなって思えるような活動をしていけたらな,そのお手伝いができたらなと思います。

5.編集後記
ナチュラルヒロインの副委員長さんでした。笑顔が絶えず,私が初めて聞いたような言葉を簡単な言葉に噛み砕いて丁寧に答えてくださりました。こんな副委員長がいるからこそ華やかな学祭になるのだと思いました。こんな人に塾講師をしてもらいたかったランキング1位でした。

第18弾~委員長~

名前 タカダ
役職 委員長
出身 秋田県

1.学祭事務局に入局した理由
色々な部活やサークルの新歓を回っていたときにたまたま学祭の新歓に行ったのがきっかけです。高校時代は部活が忙しくて3年間全く準備に参加せず本番も出席していなかったのですが、もともと学祭を運営することに興味を持っていたので入りました。また大学に入学する前に経済の勉強をしていてお金に関わる仕事がしたいと思っていた中で、運営局には財務担当があると知ったことが運営局を選んだ決め手です。

2.仕事内容
まず一つ目は支援課という学校側と事務局との橋渡しとなることです。学校側にこちらの意見を伝えたり学校側の通告を事務局に伝えたりしています。二つ目に学外との連携です。他の旧帝大や宮城県内の大学の大学祭事務局委員長の方とLINEのグループやZOOMを通じて意見交流を行っています。最後に3つ目は事務局をまとめることです。執行部会議や全体会議の運営や進行をしています。

3.1.これまでの活動について
昨年の事務局員としての仕事は多い方ではなかったので周りの進み具合を見ながら協力して作業しました。また当日の仕事では初めて関わる人も多い中で積極的にコミュニケーションを図るようにしていました。委員長になってからは初めての経験で当然知らないことばかりでしたが、そんな中でも円滑に会議を進めたり事務局をまとめていけるように活動しています。

3.2.将来の夢はなんですか
中学・高校とバスケットボールをやってきたので何らかの形でバスケットボールに関われる職業に就きたいなあと思っています。高校時代にBリーグの三河の監督が自分のチームに来てクリニックしてくれたことがあってとても感銘を受けたので、プロのチームのスタッフはその選択肢の一つとしてあります。

3.3.東北大学の魅力はなんですか
学校側の支援体制が整っていて自分のやりたいことがやれる環境にあるという点だと思います。例えば公認会計士になりたいと思っているときに専用の対策などをとってくれる教授がいたり、サークル活動においても学校側との意見交流会の場を設けて学生側の意見をくみ取って動いてくれるので、学業の面でも学業以外の面でもやりたいことがあればやれる体制を取ってくれているのは東北大学の優れたところかなと思います。

4.本番までの意気込み
今年はコロナの影響で色々なところに問題が出てきていますが、その中でもやれることをやって宮城県の方々をはじめ全国に東北大学の魅力を発信していけるように頑張っていきたいと思います。

5.編集後記
一つ一つの質問に丁寧に答えていだたいたことが印象に残っています。今年は不測の事態で委員長としての仕事もかなり大変だとは思いますが、少しでも参加者が楽しめるような学祭が作れるよう自分もそうですが頑張っていただきたいと思います。お忙しい中ありがとうございました!