学術講演会のお知らせ

竹内薫、講演会
「サイエンス作家が考えるコロナ後の生活様式と教育環境」

今年の大学祭では多方面で活躍しているサイエンス作家の「竹内薫」さんの講演会を実施いたします。
トップページに記載の通り、今年はオンラインでの大学祭となるので、講演会も事前収録の上でのYouTubeでの公開となります。

11月22日(日)14:00~
YouTubeプレミア動画として配信
※配信URLは後日公開いたします。

経歴

1960年7月2日東京生まれ。東京大学教養学部教養学科(専攻、科学史・科学哲学)・東京大学理学部物理学科卒業。マギル大学大学院博士課程修了(専攻、高エネルギー物理学理論)。
理学博士(Ph.D.)
大学院を修了後、サイエンス作家として活動。物理学の解説書や科学評論を中心に150冊あまりの著作物を発刊。2006年には「99.9%は仮説~思い込みで判断しないための考えかた」(光文社新書)を出版し、40万部を超えるベストセラーとなる。物理、数学、脳、宇宙、AI・・・など幅広い科学ジャンルで発信を続け執筆だけでなく、テレビ、ラジオ、講演など精力的に活動している。また大の猫好きでもあり、著作物の中に猫(シュレディンガーの猫)も度々登場する。
2016年春からは小学校レベルの民間学校「YESインターナショナル」代表も務める。

竹内薫さんへの質問募集

今年は新型コロナウイルス感染症の影響のため、事前収録での講演会となります。そのため、事前収録で行う質問を募集します。質問がある方は以下からの回答をお願いします。期限は10月8日までです。

質問はこちらから