新勧隊長

 

「事務局インタビュー」第8弾!
今回は「新勧隊長」のヨネクボさんに取材させていただきました!
【プロフィール】
名前:ヨネクボ
出身:埼玉県
役職:新勧隊長・企画局オープニング

Q1.学際事務局に入局したきっかけは?
入学当初は学際事務局について全く知りませんでした。
友人に誘われてふらっと行った新勧イベントのミスド会、バーべキューなどに参加するうちに色々な先輩と仲良くなることができ、学際事務局に魅力を感じて入局を決めました。

Q2.どんな仕事をしていますか?
・新勧隊長
4月の新歓イベントでの事務局員への指示や、必要なものの買い出しなどの運営作業を行いました。
そして、新歓イベントが終わった後は、バーベキューやスポーツ大会など新入生同士、2年生と新入生間の親睦を深めるためのイベント運営も新歓隊長の仕事です。
・企画局/オープニング
オープニング部署では、開催式と朝一番を盛り上げるステージ企画を行います。
企画の構成、台本作りはもちろん、司会進行や出演者の誘導、音響の調整などの企画の運営も行います。

Q3.新勧隊長の仕事で大変だったことは?
1年次に運営側で参加している学祭とは違い、新歓イベントを運営側で経験していないので、先輩からアドバイスを貰いながら手探りで運営していかなければいけなかったのが大変でした。
加えて、新歓イベントに参加してくれる1年生の人数を予想してお菓子などを用意するのも大変でした。

Q4.好きな動物
兎ですかね。実家では捨てウサギを拾って育てていました。
ウサギというと小さいイメージですが、実際はかなり大きく、持ち上げたり、爪を切ったりするとよく引っ掻いてきましたね。

Q5.大学生になって一番変わったことは?
一人暮らしになったことが一番の大きな変化ですね。
朝も誰も起こしてくれないですし、料理、洗濯も自分でやらなければいけないのはとても大変です。

Q6.本番に向けての意気込みをお願いします
新歓隊長としての大きな仕事は終わっているのですが、まだ企画局のオープニングとしての仕事もまだまだこれからですし、学祭本番でも2年生として1年生を引っ張っていかなければいけないので、みんなと一丸となって学祭当日まで頑張っていきたいと思います。

編集後記:
今回は新勧隊長のヨネクボさんに取材をさせていただきました。実はこの記事の内容以外にも、いくつもフリーの質問をさせていただいたのですが、都合上それを書ききれなかったのが残念なくらい面白いお話しをしていただきました。それでは次回もお楽しみに!