委員長、副委員長

動画

インタビュー全文

中根:こんにちは!東北大学祭事務局委員長の中根です。そして!

清水:こんにちは!東北大学祭事務局副委員長の清水です。

笠島:前委員長の笠島です!

全員:よろしくおねがいします~!

Q.入局した理由を教えてください。

笠島:入局した理由覚えてる?笑

中根:正直あんまり覚えてないです笑 大学祭実行委員会と大学祭事務局を同じ時期に見つけて、この二つは何が違うのか気になりました。そこで、Twitterを通して委員長さんに聞いた覚えがあります。

笠島:あった!そんなことあった!!

中根:それをきっかけに興味をもちました。そこから運営局などのさらに事務局の細かい内容について調べました。抽選が当たるか分からないしな~って軽い気持ちで応募しましたね。

笠島:私は高校の時、文化祭のお手伝いをしていました。みんなでわいわい楽しめるお祭りが大好きで、Twitterで東北大学祭事務局の存在を見つけて、新歓に参加し、入局を決めました。

清水:私も新歓に参加しました。学部や学年を超えて仲良く活動できるサークルは大学祭事務局だな、先輩方の雰囲気が良いなと感じて、入局を決めました。

Q.学祭以外に部活やサークルには所属されていますか?

中根:ピアノサークルのセンプリーチェに所属しています。実は入ったのは、12月ごろなんです笑(笠島さんの紹介です笑)もともとピアノを弾いていたので、入ることを決めました。

清水:私は、法学部の自主ゼミに入っています。模擬裁判の弁論版みたいなことをしています。

笠島:すご~い!私は、ピアノサークルのセンプリーチェと学友会吹奏楽部と宮城教育大学の交響楽団に所属しています。本当は音楽の部活のみで活動しようと思っていたのですが、コロナの影響で時間に余裕ができ、気づいたら学祭事務局の委員長になっていました笑 今は、コンクールの指揮の練習をしています。

Q.委員長と副委員長の仕事内容について教えてください。

中根:委員長は、主に事務局の外に向けて、副委員長は事務局の中に向けて仕事をしています。どちらも事務局の一番上に立って、大学祭をよりよいものにするために、事務局員を引っ張る仕事をしています。

清水:同感です笑

笠島:同感です笑 委員長の仕事を引継ぐときに話したことを、一語一句正確に言ってて驚いちゃったよ~洗脳しちゃったかな笑

清水:洗脳成功ですね笑

Q.仙台のおすすめの場所について教えてください!

清水:私は海が好きなので、荒浜海岸をおすすめします!

笠島:行ったことある!すご~く長くてきれいだよね!

清水:周りに震災の慰霊碑や小学校があって、一度は行っておきたい場所かなと思います。

中根:私は、サンピアの湯がおすすめかな~。六丁の目にあります!

笠島:岩盤浴とかあっていいよね!私は仙台港のアウトレットがおすすめかな~。いろんなお店があって、ブランドものとか安く買えるからいいよ!あとは、仙台城址の夜景も素敵です!

清水:青葉山コモンズもおすすめです!勉強する場所に困ったときによく利用します。

Q.去年の学祭の感想、反省を教えてください。

笠島:まず、開催できてよかった!本当にタイミングが奇跡だったと思います。自分が所属している部活動の活動は、コロナの影響でほとんど中止になってしまったので、開催できたのは本当に奇跡だったと感じています。業務的な反省点はたくさんありました笑 良かった点は、いい思い出だったなって思えることです。やっと大学生らしいことができたな、という感想です。

中根:私は、去年は、運営局のステージ担当でした。大変でしたが、とても楽しかったです。業者や参加団体の方々と連絡をとったり、電気などの設備を整理したり、当日までとても大変でした。3日間ずっとステージに張り付いて仕事をしていたのですが、自分がステージを管理したという達成感を感じられました。局内で情報が共有できていないなど、反省点はたくさんあったのですが、これらの反省を今年の学祭に活かせていけばいいなと思っています。

清水:私は、企画局のオープニング担当で、司会をさせていただきました。ステージを使用したので、中根君にはたくさんお世話になりました笑 大学祭事務局という大きな組織の中で、それぞれが自分の担当の仕事をして、大きなものを作り上げていったという達成感をみんなで感じられてよかったと思います。

笠島:ほんとうに開催できてよかった~~!!

中根:参加してくださった団体の皆さんも開催できてよかったと言ってくださって、とても嬉しかったです!

Q.来年の学祭に向けて一言お願いします!

中根:コロナの影響で、築き上げてきたものが崩れてしまいましたが、この崩れてしまったものをまた1から積み上げて最終的に東北大学祭になればいいな、違う形の大学祭を作り上げていければいいなと思っています。

笠島:そうだね~忙しい時期もあるだろうけど、気負いすぎずがんばって!

最後にC2の皆さんに向けてメッセージ!

笠島:ご入学おめでとうございます。いろんな団体がありますが、学祭事務局はいろんな人がいます。たくさんの人との出会いで、人生が変わることもあります。人との出会いはとても貴重で、大切です。きっと、いや絶対、学祭事務局での思い出は大学生活でのいい思い出になると思います。ぜひ学祭事務局に!

清水:大学祭事務局の一員になって、みんなで大学祭をつくりあげていくという達成感を一緒に味わいたいです!ぜひ学祭事務局に!

中根:新入生の皆さんはどんなサークルに入ろうか迷っていると思います。学祭事務局員はこのようにみんなで和気あいあいと作業しているので、とても楽しいです。笠島さんがおっしゃるように、良い人間関係を築き上げるという点ではどのサークルよりも優れていると思っています。まずは新歓に参加してもらって、事務局の雰囲気を感じてもらえれば!と思います。

ありがとうございました!

インタビュー記事一覧に戻る