東北大学祭とは

本年の東北大学祭は東北大学川内北キャンパスにて11月3日より3日間開催いたします。企画数は200を超え、昨年の来場者数は3万人を記録する東北地方最大規模の大学祭です。東北大学らしい学術企画にはじまり、模擬店企画やステージ企画、お子様向けの縁日企画など、老若男女が楽しめる企画が盛りだくさんです。冬の始まりとなる11月は、東北大学祭へぜひお越しください。

東北大学祭ロゴマーク

 

東北大学が位置する仙台を古来見守り続けくれている独眼竜「伊達政宗」をモチーフに、「東北」の文字をかたどりました。今なお仙台の人々に親しまれている「伊達政宗」のように、 この先長きに渡り東北大学祭が多くの方々に親しまれるものであってほしいとの願いが込められています。

第69回東北大学祭テーマ

第69回東北大学祭のテーマは「もどれ童心、おどれ若人。」に決定いたしました!!!
来場者が才気と活気に溢れる東北大学祭に触れ、童心に立ちもどり、心躍る―――そんな3日間を、東北大生が来場者と共につくり上げます。
スタッフ一同、このテーマのもと、みなさんとともに昨年以上の大学祭を創り上げていきたいと思います!

委員長挨拶

はじめまして。 第69回東北大学祭全学実行委員会委員長の乘附龍平(のつけりゅうへい)です。
大学祭は大学生だけのものではなく、地域の方々をはじめとする多くの来場者の皆様に、大学をより身近に感じていただける機会でもあります。老若男女問わず、誰もが楽しめる大学祭を創り上げていくことが私たち実行委員をはじめとする東北大生全員の目標です。
69年という長い歴史を持つ東北大学祭。本大学祭にお越しになった皆様の貴重な時間は決して無駄にならないことを約束します。今年度のテーマ「もどれ童心、おどれ若人。」に沿ったちょっぴりレトロな装飾で彩られたキャンパス、毎年進化し続ける屋内や模擬店、ステージでの企画がみなさまをお出迎えします。それらを通して、私たち東北大生の溢れ出る活気を直接肌で感じていただけましたら幸いです。
みなさまのご来場を心よりお待ちしております。