大学祭について

本年の東北大学祭は東北大学川内北キャンパスにて11月2日より3日間開催いたします。
企画数は200を超え、昨年の来場者数は4万1000人を記録する東北地方最大規模の学園祭です。
東北大学らしい学術企画にはじまり、模擬店企画やステージ企画、お子様向けの縁日企画など、老若男女が楽しめる企画が盛りだくさんです。
冬の始まりとなる11月に、東北大学祭へぜひお越しください!


東北大学祭ロゴマーク


東北大学が位置する仙台を古来見守り続けくれている独眼竜「伊達政宗」をモチーフに、「東北」の文字をかたどりました。 今なお仙台の人々に親しまれている「伊達政宗」のように、 この先長きに渡り東北大学祭が多くの方々に 親しまれるものであってほしいとの願いが込められています。


第70回東北大学祭テーマ



第70回東北大学祭のテーマは「笑う祭には福来たる」に決定いたしました!!!
スタッフ一同、このテーマのもと、みなさんとともに昨年以上の大学祭を創り上げていきたいと思います!


委員長あいさつ

こんにちは!
東北大学祭事務局委員長の武田秀祐(しゅう)です。
本学学生は、勉学に勤しむ真面目な大学生と世間では思われています。ただ、大学祭3日間だけは例外です。 この3日間は自分のサークル・部活動の活動に専念し、学生自らが主体となって様々な企画を行います。 私たち大学祭スタッフは、そうした学生たちを全力でサポートしていく所存です。
今年度は来場者が実際に体験できる学術面を強化した企画を多数実施して行くつもりです。 普段の東北大学のイメージを一掃する、ハイレベルな企画をその目でぜひご覧ください。
皆さまのかけがえのない思い出の一つになれるよう、私たちも努力を惜しまず準備を進めてまいります。 みなさまのご来場を心よりお待ちしております!